つづき

2007.01.13 Saturday

0
    作戦は功を奏し、すんなりと本題に入ることが出来ました。
    しかし青年は我々の申し出を拒絶します。
    ・・・そりゃそうだろう。
    私ならこの時点ですぐに引き下がってしまうのですが、そう簡単に引き下がる店主ではありません。
    「いくらやったら売る?」
    出ました。「金にモノ言わす攻撃」です。
    金額はつり上がりますが、青年はほんとにいやそうです。
    「だってこれオレも欲しくて、友達に頼んでやっと譲ってもらったところやねん。イヤだよ。」
    しかしそんなことであきらめる店主ではありません。なおも食い下がります。金額も上がります。
    ついに最後通告のように青年が結構な金額を申し出ました。
    「じゃあ、OOドルでどう?・・・頼む、買うって言うなよ!!」
    「買う。」
    「・・・・。」
    こうして交渉は成立してしまいました。
    青年はその場で潔く靴を脱ぎだしましたが、裸足で帰らせるのはあんまりなので、その時我々がすでに仕入れて車に積んでいた靴を代わりに一足あげると申し出たのですが、「いいよ、車だし。」と言ってそのまま裸足(靴下は着用)で車に乗り込み帰っていったのでした。
    こうして意気揚揚と日本に帰国したわけですが、まず待っていたのは本物かどうかという真贋論争です。
    いろいろ検証した結果、まず本物だろうということで落ち着きました。理由としてはディテール以外にも、その当時アメリカのそんな地方都市にまで偽物が出回っているとは考えにくいということ(当時はまだインターネットなどあまり普及していませんでした)、それと決定的だったのは、そんなでかいサイズの偽物はわざわざつくらんだろう!ということでした。

    そうです、そのデカイ黒人が履いていたスニーカーはサイズも巨大だったのです。日本のサイズでは30cmくらいだったでしょうか。そんなサイズを履く日本人がそうそういるはずもなく、結局売れずに未だに残っているというわけです。
    トホホ・・・。
    (ちなみに今、店頭に並べているのはその後また別に仕入れたもので、26か27だったか、まぁノーマルなサイズのものです)
                          (完)

    NIKEエアマックス’95

    2007.01.09 Tuesday

    0

      おぼえてますか??
      世間をにぎわせたあの、NIKEエアマックス'95。

      NIKEエアマックス’95を憶えてるでしょうか?
      昨日10年ぶりくらいに倉庫から引っ張り出してきて店頭に並べてみました。
      スニーカーにはさほど力を入れていない当店に何故このようなものがあるのか・・?

      かれこれ10年ほど(以上)前、世はスニーカーブーム真っ盛り。中でもナイキ熱は異常とも呼べるほどで、それを全国的に知らしめたのがエアマックス’95 イエローグラデではなかったでしょうか。価格は高騰し、偽物も出まわり、遂にはエアマックス追いはぎまで出たという記事が紙面を賑わせたものでした。

      さて、そんな中ある時、私どもは仕入れのためアメリカのある町におりました。
      ガラがいいとは決していえない、その町の黒人街のKFCで昼食をとりつつ何気なく斜め前に座っている黒人の若者の足元に目をやると、何と例のエアマックス’95イエローグラデを履いているではありませんか!
      心拍数が一気には上がる。こういうとき、すかさず行動に移すことをまったくひるまないのが、当店の店主であります。
      しかし、「英語しゃべられへんもん」という理由でいきなり「それ売ってくれ!」とむちゃくちゃなことをいつも言いに行かされるのは私なのです。まぁ日本語でいけるのだったら勝手に余計なことまで言いに行くのは間違いない彼ではありますが。
      でも私も英語は苦手です。しかも相手は若者とはいえ190センチは優にあるデカイ黒人、場所はお世辞にもガラがいいとは絶対に言えない土地柄です。
      私は当然イヤにきまってる。
      そこで作戦をたてました。
      まず店主がたどたどしい英語で話しかける。双方、コミニュケーション不全に陥ったところですぐさま私が割りいって通訳をはじめる、という手はずです。
      打ち合わせをし、即座に行動を開始しました。
      (つづく)

       

      正月明けは、

      2007.01.08 Monday

      0
        服屋は冬物セール!ってのがあたりまえになってますが・・近頃では古着屋でもそれに合わせてセールをするってのも定着していますが・・・
        あえて言います。
        当店では特に店をあげてのセールなどはしません!
        それは何故か?
        まず第一に、ワンシーズンで売りにくくなってしまうような賞味期限の短い服は最初っから売りません。
        第二、そこそこ売れ残っている服などに関しては、まるで麻薬Gメンか国税局査察官のようなシビアさでもってチェックして、随時値下げなどしております!(見に来てくださいね!)
        第三(これはおまけみたいなもんですが)、当店が店舗を構えているモトコーというところはある意味、かなり特殊な地帯でして、ファッションにおける季節の先取りといったような概念がそもそも希薄なのです。
        でもそもそも古着ってそういうものじゃなかったでしょうか?
        今でこそ古着も、ファッションとしての市民権を得て、一般的にも認知されているかのようになりましたが(これは悪いことではありませんが)、ちょっと前まではかなりマニアックなジャンルでしたよね?
        ま、要するにうちでは季節ごとに決まったセールなどはしないんですが、そのかわり、いきなりお買い得コーナーみたいなものをつくってみたり、常連さんには勝手ににサービスしてみたり、臨機応変に対応してるつもりなんですよー!
        HP見て来ました!なんて言ってくれたら割引しちゃうかも。